顔肌の毛穴黒ずみをなくす!

理想の美肌美人に

肌バリアをが低下すると紫外線の悪影響を受けやすい

敏感肌の場合、通常の肌質より肌バリアが低下していますので紫外線の影響を受けやすい肌の質になっています。

紫外線はスキンケアを疎かにしていると肌にどんどんと蓄積されるので肌年齢が老けて見え、シミ、ソバカスの原因を作ってしまうのです。

日焼けをその通りにしたらどんな肌の問題があると思います?シミやソバカス、クスミ、肌に重要であるコラーゲンの減少、光発ガンや肌老化をおこします。

肌に直接の刺激がない紫外線は、若い時は何もないのですが、いきなり肌の老化として現れます。

日々行う肌のスキンケア対策に加え、UVケアをすることが大切な要素です。

敏感肌は紫外線対策出来ない位肌が悪いので、お肌がクスミが出来たり、シミ・そばかすや、見た年齢が老け顔と捉えられる事が多いようです。

敏感肌でもシミない化粧品を使用して、太陽を浴びた肌のスキンケアをする姿勢がだいじです。

紫外線はA波とB波で出来ていてA波はB波より沢山日光にあると言う風にいわれています。

AはB波に比べると、弱く、肌の奥へ浸透する特長と言われているので、シミの原因、シワの原因になり危険です。

B波はサンバーンと呼ばれていますがヒリヒリなります。

紫外線は雨などの天気の悪い時でも浴びている状態です。

紫外線ですが通常は熱いものではないのですので海など行く以外は意識する事はない場合が多いようです。

日常生活でも紫外線ですが肌に影響を与えているはずです。